静岡新聞NEWS

新鮮な海産物「豪華食事」でおもてなし 牧之原の宿泊業者らPR

(2020/6/30 08:59)
駿河湾の新鮮な海産物を活用した料理をPRする宿泊施設の経営者ら=牧之原市役所榛原庁舎
駿河湾の新鮮な海産物を活用した料理をPRする宿泊施設の経営者ら=牧之原市役所榛原庁舎

 夏季に誘客キャンペーンを展開する牧之原市の宿泊業者らが29日、市役所榛原庁舎を訪れ、おもてなしの体制をPRした。行政による観光客への宿泊助成に合わせ、近海の新鮮な海産物などを活用して例年より豪華な食事を提供するという。
 味の宿はちぼし(静波)を経営する木村和巳さん、ペンションリリカル(相良)の萩原恒店主らが、客に提供する料理の一例を紹介した。初ガツオの刺し身やアワビの踊り焼き、キンメダイの煮付けなど、駿河湾で取れた海の幸を使ったメニューが並んだ。
 同市は市内海水浴場の開設中止により影響を受ける地域経済の活性化を図るため、7~9月に市内宿泊施設を利用する静岡・山梨両県民を対象に、宿泊料金の2分の1以内を上限5千円まで助成する。市商工会観光飲食サービス部会長も務める萩原店主は「要望に応じ、今までは提供していなかった豪華な食事も用意したい。ぜひ来てほしい」と呼び掛けている。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト