静岡新聞NEWS

ネットトラブル“声の劇”に 静岡高演劇部が消費注意喚起 CD録音、中学校に配布

(2020/6/27 09:55)
消費者トラブルをテーマにした声の劇を披露する演劇部員=県立静岡高
消費者トラブルをテーマにした声の劇を披露する演劇部員=県立静岡高

 県立静岡高で26日、中学生が陥りやすいインターネットの消費者トラブルをテーマに、演劇部員らによる“声の劇”が披露された。市消費生活センターの依頼による活動で、CDに録音して市内の中学校に配布し、注意喚起する。
 市内の中学生が関連するトラブルが増加していることから、要請を受けた同校演劇部が快諾して実現した。中学校の給食の時間に校内放送で流し、啓発するという。
 「通販での定期購入」「オンラインゲームの課金」「偽物購入」の三つのテーマを録音した。2、3年生の部員10人が中学生役や親役などになりきり、トラブルに巻き込まれる物語を演じた。その上で「物を買うときは契約内容をよく読み、代金が支払えるかよく考えよう」などと注意を呼び掛けた。
 部長の桜井文香さん(17)は「中学生が自分で気を付けるきっかけになれば」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿