静岡新聞NEWS

育てたエダマメたわわ 清水駒越小5年、愛情込め収穫 静岡

(2020/6/26 14:30)
エダマメを収穫する児童=静岡市清水区の清水駒越小
エダマメを収穫する児童=静岡市清水区の清水駒越小

 静岡市立清水駒越小の5年生56人が25日、同市清水区の同校でエダマメの収穫を体験した。地元の農産物を学ぶ総合的な学習の一環。校内の栽培用ハウスに入り、たわわに実を付けた枝を手にして根こそぎ抜き取った。
 児童たちは4月に地元農家やJAしみず職員の手ほどきを受け、サヤムスメという品種の苗を植えた。水やりや草取りなどを重ねながら、収穫の時機到来を待ち望んでいた。収穫したエダマメは家に持ち帰った。男子児童(11)は「思ったよりもたくさん実が付いていた。早く家で食べたい」と語った。
 同校には約10平方メートルの栽培用ハウスが二つあり、内部には石垣が組まれている。30年以上前から児童が地域特産「石垣イチゴ」の栽培・収穫体験の授業に取り組んでいるという。エダマメの栽培もこのハウスを利用した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿