静岡新聞NEWS

『こだま』『ひかり』『のぞみ』新幹線の愛称合わせ「3つの願い」 JR静岡駅にメッセージボード

(2020/6/22 09:50)
感謝と願いが込められたメッセージを眺める利用客=JR静岡駅
感謝と願いが込められたメッセージを眺める利用客=JR静岡駅

 新型コロナウイルスの感染対策に伴う「都道府県境をまたぐ移動の自粛」が全面解除される中、JR静岡駅は駅利用者への感謝や今後の生活への願いを込めた手書きのメッセージボードをコンコースに掲げていて、多くの人々の心をなごませている。
 メッセージは「静岡駅一同」と記され、利用者の感染防止への協力や感染症に立ち向かう人々に向けて「3つのありがとう」を伝えた。さらに、新幹線の愛称に合わせて「また笑い声が『こだま』しますように」「感染防止の先に『ひかり』が見えますように」「皆様の『のぞみ』が叶いますように」という「3つの願い」を、マスク着用や適度な間隔を示したイラストとともに書き込んだ。
 利用客らは足を止めてボードを眺めたり、写真を撮ったりしていた。藤枝市の大学生(18)は「新幹線の名前を使っているところがJRらしくて良い。駅員さんの思いが伝わってくる」と話した。
 同駅ではこれまで3月の卒業式などに合わせてメッセージボードを制作していて、今回で6回目。メッセージボードは30日まで掲出する予定という。

 「また笑い声が こだま しますように」
 「感染防止の先に ひかりが 見えますように」
 「皆様の のぞみが 叶いますように」

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿