静岡新聞NEWS

特産品購入で助け合い、牧之原と山梨・甲州 市民向け販売を検討

(2020/6/20 09:20)
特産品の購入を通じた相互支援を始めた牧之原市と甲州市の関係者ら=牧之原市役所相良庁舎
特産品の購入を通じた相互支援を始めた牧之原市と甲州市の関係者ら=牧之原市役所相良庁舎

 牧之原市と山梨県甲州市は、新型コロナウイルスによる消費の落ち込みを受け、両市の特産品を購入し合う取り組みを始めた。19日は、甲州市からサクランボ353パック(計49万円相当)が牧之原市役所に届いた。今後は市民向けの販売を検討している。
 甲州市観光協会の雨宮正明会長と同市職員が市役所相良庁舎を訪れ、佐藤錦と紅秀峰の2種類を届けた。サクランボ狩りを目的とする観光客が激減したため、需要が落ち込んでいるという。牧之原市からは、甲州市役所職員が注文した静岡牧之原茶、アローマメロン、シラス(計40万円相当)を持ち帰った。
 以前から観光分野で交流があった両市。今後は特産品の種類を変えながら、購入を通じた相互支援を続ける。牧之原市の担当者は「今回は交流促進に向けたきっかけ作りとして職員が購入した。市民が買える機会を今後、設けていく」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿