静岡新聞NEWS

自宅でも制服着用、遠隔授業 本川根中でスタート

(2020/4/28 08:34)
電子黒板に教科書を映し、オンラインで英語を指導する教諭ら=川根本町の町立本川根中(写真の一部を加工しています)
電子黒板に教科書を映し、オンラインで英語を指導する教諭ら=川根本町の町立本川根中(写真の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの影響で休校が続く中、川根本町立本川根中は27日、生徒に1人1台貸与しているタブレット端末を活用したオンライン授業を始めた。生徒らは通常授業の通りに制服を着用し、自宅で国語や日本史などの授業に臨んだ。
 ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使い、学年ごと1コマ50分の授業を3時限目まで行った。1年生の英語を教える牧田剛教諭(25)は、日常的に使う物をテーマに授業を展開。書画カメラで電子黒板に教科書を映し、単語の発音や書き取りを熱心に指導した。生徒も「普段の授業と同じ緊張感で集中できた」などと手応えを口にした。
 町内では休校延長を視野に、他校でもオンライン授業実施に向けた動きが進む。同校の鈴木高広教頭は「他校とも情報共有できるよう、通信の不具合など課題を明確にし、教育環境の充実を図っていきたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿