静岡新聞NEWS

“休校なんの”授業オンライン配信 静岡サレジオ小・中・高

(2020/4/14 10:00)
自宅にいる児童に向けて、算数の授業を生配信する山本教諭=静岡市清水区
自宅にいる児童に向けて、算数の授業を生配信する山本教諭=静岡市清水区

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校中の静岡サレジオ小・中・高(静岡市清水区)でこのほど、オンライン授業が始まった。子どもたちの学習水準の維持や、生活リズムを崩さないようにすることが狙い。
 小学校では約400人の全校児童にタブレット端末を貸与し、担任教諭らが教室で行う授業の様子をライブ配信する形式で実施。自宅にいる児童は午前に30分間の授業を3回受け、午後にインターネット上で配布された課題に取り組む。
 13日は小6の担任を持つ山本雄登教諭が算数の授業を配信。図を書き込んだホワイトボードを撮影しながら、分数と整数の掛け算を1学級20人に教えた。山本教諭は「対面の授業に比べて児童の反応をつかみにくいのは欠点だが、かなりスムーズに運用できている」と手応えを語った。
 同校によると、小1にはオリエンテーションとして校内の様子や設備の使い方を映像で紹介。タブレット端末を持たない中高生は、家庭のパソコンやスマートフォンを活用している。
 同校は3月上旬の休校からそのまま春休み入り。入学式と始業式は行ったが、直後に再び休校になった。学校再開時期は未定で、当面はオンライン授業を続けるという。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿