静岡新聞NEWS

テレビ電話で「元気?」 川根本町、新型コロナで高齢者安否

(2020/4/3 08:10)
会員と画面越しに笑顔を交わす住民ボランティアら=川根本町の「創造と生きがいの湯」
会員と画面越しに笑顔を交わす住民ボランティアら=川根本町の「創造と生きがいの湯」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川根本町地域包括支援センターは2日、各世帯に設置されている告知端末機「かわねフォン」のテレビ電話機能を活用し、町民の安否確認を行った。3月から休止している高齢者サロン「ケアラーズカフェ」の会員を対象に実施した。
 同町の温泉施設「創造と生きがいの湯」に池本祐子センター長や住民ボランティアら6人が集まり、名簿を基に各世帯に電話をつないだ。
 ボランティアが「元気?」と問いかけると、会員らは「みんなに会いたい」「元気が出てきたありがとう」などと返答。画面越しに体操も行うなどして笑顔を交わした。
 同センターは今後も週1回程度で安否確認を行う予定。池本センター長は「かわねフォンの使い方にも慣れてもらい、会員同士で連絡を取り合う環境が生まれれば」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト