静岡新聞NEWS

性の多様性啓発へ冊子 清水桜が丘高生、静岡市と制作

(2020/3/29 16:45)
できあがったパンフレットをPRする生徒=静岡市清水区の清水桜が丘高
できあがったパンフレットをPRする生徒=静岡市清水区の清水桜が丘高

 静岡市が清水桜が丘高美術部の生徒らと共同で制作した冊子「性の多様性啓発パンフレット」がこのほど完成した。生徒は昨年から、性的少数者(LGBT)に関する学習会で理解を深めてきた。学んだことを踏まえ、冊子に掲載するイラストを描いた。
 冊子は性的少数者の困り事や身近な人の関わり方などが解説されている。A5判、16ページ。1万部を発行し、市内で開く出前講座や授業で活用する。
 LGBTのイメージカラーである虹色でハートを描いた3年の塩沢瑞季さん(18)は「虹色のハートをあえてぼかして表現することで対象者を限定しないよう配慮した」と話した。2年の松永安奈さん(17)はワークショップを通し気づきがあったとし「自分が普通に思っていることがLGBTの人にとっては普通ではないかもしれない。当たり前を押しつけないようにしたい」と語った。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト