静岡新聞NEWS

待望の開通「大河内橋」 静岡・葵区、住民ら120人式典

(2020/3/29 08:43)
大河内橋の開通を記念してテープカットを行う関係者ら=静岡市葵区渡
大河内橋の開通を記念してテープカットを行う関係者ら=静岡市葵区渡

 安倍川に架かる静岡市葵区渡の大河内橋が28日開通し、地元自治会ら主催の式典が開かれた。行政関係者や地元住民ら約120人が出席し、待ち望んでいた橋の開通を祝った。
 橋は長さ165・5メートルで幅8メートル。梅ケ島・大河内地区と市街地を結ぶ道路として重要な役割を担う。1951年に完成した旧橋が増水による被害を受けてきた教訓を生かし、新橋は河川内に橋脚を作らないニールセンローゼ橋という形式で造られた。
 田辺信宏市長らがテープカットを行い、地元住民らが真新しい橋を歩いて渡った。橋の近隣に住む小玉恵さんは「待ちに待った開通」とうれしそうに話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト