静岡新聞NEWS

自慢の一品や歴史を紹介 「和菓子のまち島田」マップに

(2020/3/28 19:27)
市内の和菓子店や一押し商品を紹介する「しまだ和菓子まっぷ」=島田市役所
市内の和菓子店や一押し商品を紹介する「しまだ和菓子まっぷ」=島田市役所

 島田市はこのほど、旧東海道沿いを中心に数多くある地元和菓子店を紹介する「しまだ和菓子まっぷ」を発行した。市内23店舗の自慢の一品を掲載し、各地域の歴史にも触れて「和菓子のまち島田」をPRする。地図アプリやブログ記事の発信と合わせ、街歩きに活用してもらう。
 マップはA3判四つ折り。旧東海道沿いの本通、市内全域、金谷、川根両地区の4地域に分け、どら焼きや大福、もち菓子など各店舗の一押し商品を掲載した。現在も多くの店舗が販売する「小まんじゅう」が島田宿に滞在した旅人に好まれたというエピソードや、製茶業の発展とともに多くの和菓子店が創業した-とする歴史紹介も加えた。
 市は2月、江戸時代の川越文化を伝える「島田宿大井川川越遺跡」を会場に初の「和菓子バル」を開催。約4千人が集まり、会場で試験的に同マップを配ったところ中心市街地の和菓子店の来客が増えるなど相乗効果があったという。
 市文化資源活用課の担当者は「ブログ記事でも積極的に情報発信し、中心街の和菓子店に人を呼び込みたい」と話した。問い合わせは同課<電0547(36)7381>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト