静岡新聞NEWS

稚児舞楽奉納へ児童稽古 静岡浅間神社、廿日会祭(5日)で披露

(2020/3/28 12:54)
稽古で振り付けを確認する児童=静岡市葵区の静岡浅間神社
稽古で振り付けを確認する児童=静岡市葵区の静岡浅間神社

 静岡市葵区の静岡浅間神社で4月に開かれる「廿日会祭(はつかえさい)」で、国記録選択無形民俗文化財「稚児舞楽」を奉納する市内の児童4人が26日、稽古に励んだ。天下太平や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る本番に向けて、稚児を務める子どもたちは真剣な表情で曲目の流れや振り付けを確認した。
 舞楽を奉納するのは服織小5年の市川日陽君(11)、同校3年の市川雄大君(9)、葵小5年の市川煌挺君(11)、安西小3年の大塩裕稀君(9)。4人は権禰宜(ごんねぎ)の福島麗司さん(39)に「手の高さに気をつけて」などとアドバイスを受けながら、「振鉾(えんぶ)」や「安摩(あま)」などの五つの舞を約2時間かけて練習した。
 今回が3度目となる市川日陽君は、弟の雄大君とともに稚児を務める。「基本動作を頑張りたい」と意気込みを話した。
 稚児舞楽は450年以上続く同神社の伝統神事。4月5日午後3時すぎから境内の舞殿で行われる。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト