静岡新聞NEWS

新型コロナ 家庭支援へ「お子さま弁当」配達 吉田の飲食店

(2020/3/27 10:17)
「お子さま弁当」を作る従業員ら=吉田町神戸のおひさま食堂
「お子さま弁当」を作る従業員ら=吉田町神戸のおひさま食堂

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で困っている家庭を支援しようと、吉田町神戸の飲食店「おひさま食堂」(大塚邦子社長)がこのほど、「お子さま弁当」の配達を始めた。今後は弁当と一緒にマスクを無料で届けるサービスを展開するという。
 3月上旬に配達を始め、これまでに約180食を届けた。親が働いていて子どもの昼食を用意するのが大変な家庭や、地域の子ども会や児童クラブなどからの注文が多いという。
 30食を超える注文があった26日は、従業員らが調理したメニューを丁寧に詰め、配達の準備を進めた。
 注文1個につきマスク1枚を付ける予定。大塚社長は「地域にニーズがあることが分かった。今後も困っている家庭の要望に応えたい」と話している。
 1食350円(税込み)。購入希望者は前日夜までに注文する。配達エリアは吉田町周辺。配達料は無料。
 問い合わせは同店<電0548(23)9755>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト