静岡新聞NEWS

川越遺跡で“製菓リレー” 島田「和菓子バル」盛況

(2020/2/24 08:21)
地元の和菓子や茶を手に「製菓リレー」を行う高校生=島田市の川越し街道
地元の和菓子や茶を手に「製菓リレー」を行う高校生=島田市の川越し街道

 島田市は23日、国指定史跡の島田宿大井川川越遺跡(川越し街道)で市内の人気和菓子店が集まる「和菓子バル」を開いた。同街道が東京五輪・パラリンピックの聖火リレーのルートに選ばれたことにちなんだ「製菓(せいか)リレー」も企画し、地元高校生が地元の和菓子をPRしながら街道を走った。
 島田商業高の生徒らが川越し人足や江戸の商人に扮(ふん)し、疲れた旅人に美味しい和菓子と茶を届ける-という設定でリレーを行った。トーチを模したパネルを手に街道沿いの販売ブースを巡り、島田菓子青年会が同日販売した6種類のまんじゅうを集めて旅人役に手渡した。
 同日は市内の老舗7店と島田菓子青年会が、みたらし団子やもなか、島田の名物菓子などを販売。大勢の来場者でにぎわい、各ブースに行列ができた。
 高校生が企画段階から関わり、島田商業、工業高の生徒ら約50人が着物姿での接客や呈茶、ブース運営に取り組んだ。島田商業高2年の男子生徒は「着物を着たのは貴重な体験。川越し街道の歴史を感じることができた」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト