静岡新聞NEWS

炭窯の屋根、住民が修繕 島田・伊久美、炭焼き技術伝承続ける

(2020/2/20 12:30)
炭窯の修繕作業に汗を流す住民ら=島田市伊久美
炭窯の修繕作業に汗を流す住民ら=島田市伊久美

 島田市伊久美の住民有志7人が19日、地元の二俣地区にある炭窯の修繕に取り組んだ。空き家で保管されていた杉皮を使って屋根を貼り替えるなどの作業に汗を流した。
 炭窯は地域の伝統である炭焼き技術の伝承を目的に、2006年に同地区の住民が制作。以来、住民らは炭窯を使って市内小学生対象の炭焼き体験会を毎年開いてきた。今回、長年の雨風で屋根が老朽化し、修繕を決意。手分けしながら杉皮を貼り替え、小屋周辺の土を掘って雨水の水路も確保した。
 住民らによると、昭和30年代までは伊久美に約50個の炭窯があったが、化石燃料の台頭で現在はこの炭窯のみという。作業に取り組んだ男性(63)は「炭窯は里山の保全にもつながる。炭焼き伝承に向け、今後も大切に活用していきたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト