静岡新聞NEWS

鉄骨の組み立て間近に 高校生が現場見学、島田「KADODE」

(2020/2/18 12:36)
鉄骨の組み立てが進む「KADODE OOIGAWA」で工事内容を説明する担当者(右)=島田市竹下
鉄骨の組み立てが進む「KADODE OOIGAWA」で工事内容を説明する担当者(右)=島田市竹下

 島田建設工業団体連合会(朝倉純夫会長)は17日、島田工業高建築科の2年生40人を対象とした建設現場の見学会を島田市内などで開いた。今秋オープンを予定する同市竹下の複合施設「KADODE OOIGAWA」の建設現場では、鉄骨の組み立て作業などを間近に見学した。
 「KADODE-」は大河原・小桜・小沢特定建設工事共同企業体などが施工し、国道473号を挟んだ形でマルシェ、カフェ、レストランの3棟を建設中。現場所長の中井啓祐さんらが案内し、クレーンを使って屋根部分に資材を運ぶ様子を見学したり、各施設の施工内容について説明を受けたりした。展示に向け13日に現場に運び込まれた、大井川鉄道の蒸気機関車(SL)も見学した。
 現場では同校の卒業生も活躍中。朝倉会長は「島田の歴史に残る仕事。皆さんも知識や技術を身に付け、ぜひ地元で活躍して」と呼び掛けた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト