静岡新聞NEWS

防災ラジオの再販売開始 購入者殺到、長蛇の列 静岡市

(2020/1/21 09:50)
緊急情報防災ラジオを買い求める市民ら=静岡市役所静岡庁舎
緊急情報防災ラジオを買い求める市民ら=静岡市役所静岡庁舎

 静岡市は20日、気象の特別警報や緊急地震速報などを放送する「緊急情報防災ラジオ」の再販売を市役所静岡庁舎で開始した。防災意識の高まりからか、初日から購入者が殺到し、特設の販売所には長蛇の列ができた。市の担当者は「昨年は台風19号など大きな豪雨災害があり、防災に対する関心が高まっているのでは」と行列の要因を分析した。
 防災ラジオは通常のラジオとしての機能のほか、全国瞬時警報システム(Jアラート)で配信される緊急地震速報、津波警報、気象警報などを放送し、市が発表する避難勧告などの情報も提供する。近年、台風などによる豪雨災害が頻発し、豪雨時に屋外の同報無線が聞き取りにくいとの声が市民からあり、市が販売を決めた。
 昨夏に行った予約販売では目標の8千台に届かない3500台の販売にとどまったため、今回、4500台を先着で再販売することになった。
 初日は約千台を販売した。21日以降も在庫が切れるまで市役所静岡庁舎3階の危機管理課前で販売する。1台2千円。問い合わせは同課<電054(221)1012>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト