静岡新聞NEWS

サメの解剖講座、子どもたち観察 静岡・清水区「ま・あ・る」

(2020/1/20 08:37)
サメの解剖を観察する子どもたち=静岡市清水区の市こどもクリエイティブタウンま・あ・る
サメの解剖を観察する子どもたち=静岡市清水区の市こどもクリエイティブタウンま・あ・る

 静岡市清水区の市こどもクリエイティブタウンま・あ・るで18日、シャークジャーナリスト沼口麻子さんによるサメの解剖講座が開かれた。
 東海大海洋学部を卒業後、世界中のサメを取材している沼口さんが子どもたちの質問に答える形で講座を展開。「雄と雌を見分ける方法は」という質問には「腹びれの突起があるのが雄、無いのが雌」と回答した。
 後半はシュモクザメの解剖を行った。胃を切り開くと魚やイカが消化されずに残っていて、子どもたちからは大きな歓声が上がった。
 間近で解剖を見た三島市立北小5年の男子児童(11)は「体のわりに心臓が小さいことに驚いた」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト