静岡新聞NEWS

島田出身・有本さん長男 コスタリカ司法試験合格、貢献に意欲

(2019/12/28 08:58)
コスタリカの司法試験に合格した篤さん(左)。父稔さん(中央)とともに祖父格さんに報告した=島田市内
コスタリカの司法試験に合格した篤さん(左)。父稔さん(中央)とともに祖父格さんに報告した=島田市内

 島田市出身で国際協力機構(JICA)の派遣専門家として中米地域の開発援助に携わる有本稔さん(58)の長男で、コスタリカ在住の篤さん(24)がこのほど、コスタリカ国立大法学部を卒業し、難関とされる同国の司法試験に合格した。今後弁護士や裁判官の道へと進む意向で「ルーツのある日本社会にも学びながら、コスタリカや国際社会に貢献していきたい」と意気込んでいる。
 稔さんはコスタリカへの留学経験があり、同国の女性と結婚し長女の恵美さん、篤さんが生まれた。幼少期から同国で教育を受けた篤さんは「社会秩序や政治の問題を抱えるコスタリカで役立つ知識を得たい」と法律を学び、2019年8月に大学を卒業、11月に司法試験に合格した。同国の司法試験合格率は10~15%で、日系人の合格は非常に珍しいという。
 篤さんは稔さんの一時帰国に合わせ、島田市立第五小で同年代の子どもたちと交流するなど日本との接点を持ち続けてきた。現在同市御仮屋町の実家に帰省中で「興味のある刑法や心理学などの勉強を続け、中南米の人権問題にも取り組みたい」と語った。かつて司法試験受験を断念したという祖父格さん(90)は「自分の夢をかなえてくれた」と目を細め、今後の活躍を願った。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト