静岡新聞NEWS

冬山遭難に備え南アルプスに出発 静岡中央署救助隊

(2019/12/28 08:45)
出発式に臨む山岳遭難救助隊員=静岡中央署
出発式に臨む山岳遭難救助隊員=静岡中央署

 年末年始の南アルプスの山岳遭難に備え、静岡中央署山岳遭難救助隊は27日、静岡市葵区の南アルプス沼平登山指導センターに出発した。隊員10人が2班に分かれ、1月5日まで常駐警備する。
 同署で行われた出発式では、武村和典署長が5人の隊員に対し「山の天候は変化が激しい。自分の安全確保を第一に、緊張感をもって活動してほしい」と訓示した。期間中、隊員らは登山者に対し、冬山装備品の確認や登山届けの提出を呼び掛け、山岳遭難が発生した場合は直ちに救助を行う。
 県警地域課によると、県内の2019年の山岳遭難は90件(12月26日現在)。南アルプスでは12件発生し、1人が死亡した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト