静岡新聞NEWS

中学生が防災学習の成果発表 静岡・中島中、地域防災の日

(2019/12/2 08:28)
災害について学習したことを発表する生徒=静岡市駿河区の市立中島中
災害について学習したことを発表する生徒=静岡市駿河区の市立中島中

 「地域防災の日」の1日、静岡県中部の市町でも自主防災組織が中心となり、それぞれの地域の課題を想定した訓練に取り組んだ。参加者は負傷者や要配慮者への対応や住民同士の意見交換などを通じ、大規模災害に備えた自助や共助の重要性を再確認した。
 静岡市駿河区の市立中島中では、中学生による防災学習の成果発表会が開かれた。学区の地域ごとに分かれ、防災について幅広く調べた内容を発表し、保護者や地域住民が熱心に耳を傾けた。
 約5カ月掛けて、津波への備え方や被災者の心のケアの手法、避難生活を想定した準備などのテーマについて学んだ。東日本大震災で被災した仙台市の中学校へのアンケートや、西日本豪雨の被災地で活動する支援者に話を聞く遠隔授業などを通じ、災害対応への理解を深めたという。
 学習成果を模造紙や冊子にまとめたり、津波の高さをビニールテープで表現したりと、発表方法はさまざま。子どもたちの視点から「自分の命を守ることを最優先にする」「ボランティアや募金活動は自分たちにもできる」などと訴えた。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト