静岡新聞NEWS

花火大会で暴力団排除に貢献 静岡県警、藤枝市観光協会に感謝状

(2019/11/16 08:51)
江崎会長(左)に感謝状を手渡す山田局長=藤枝署
江崎会長(左)に感謝状を手渡す山田局長=藤枝署

 静岡県警は15日、藤枝花火大会で暴力団排除に貢献したとして、大会を主催する藤枝市観光協会に組織犯罪対策局長感謝状を贈呈した。
 暴力団の露店経営への関与を隠した虚偽文書を露天商から主催者に提出させて花火大会への出店権利を得たとして、暴力団幹部の男らが詐欺容疑で県警に逮捕された事件では、同協会の細則や提出書類が暴力団排除をより明文化していたため、立件に至ったという。
 暴力団幹部の男らは2018年8月、露店グループを経営しているにもかかわらず、同協会に対し、露天商らに暴力団とは関係ない旨を記載した書類を不正に提出させ、出店権利を取得した疑いで逮捕された。花火大会に暴力団が経営する露天商が出店することは県暴力団排除条例で禁じられていて、主催者らは出店者に暴力団と関係のないことを誓う「誓約書」などを提出させていた。
 藤枝署で山田真二局長が江崎晴城会長に感謝状を手渡した。江崎会長は「警察や行政と協力し、誰もが安心して訪れてもらえる花火大会にしていきたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト