静岡新聞NEWS

民家などに作品飾る芸術祭 静岡・丸子泉ケ谷地区

(2019/10/11 08:22)
待月楼と藤田屋の創業100周年を記念した展示などを行う里山芸術祭=静岡市駿河区の丸子泉ケ谷地区
待月楼と藤田屋の創業100周年を記念した展示などを行う里山芸術祭=静岡市駿河区の丸子泉ケ谷地区

 昔ながらの街並みの風情が残る静岡市駿河区の丸子泉ケ谷地区で10日、民家や寺、飲食店内などに作品を飾る里山芸術祭が始まった。いずれも1919年創業の地元の料亭「待月楼」と葵区の傘販売業「藤田屋」の100周年記念展示のほか、約40人の作家が多彩な作品を出品した。14日まで。
 待月楼の創業当時の写真や、藤田屋が取り扱っている傘の展示などを通して、両社のこれまでの歩みを紹介した。
 一閑張やペーパークラフト、仏画、絵画、陶芸、版画ブローチといった作品も並ぶ。来場者は道路沿いに点在する展示空間に立ち寄りながら、街並みの散策を楽しんでいる。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト