静岡新聞NEWS

楕円球抱え児童疾走 静岡・東豊田小、フラッグフットボール体験

(2019/10/10 08:27)
フラッグフットボールを楽しむ児童=静岡市駿河区の東豊田小
フラッグフットボールを楽しむ児童=静岡市駿河区の東豊田小

 アメリカンフットボールのルールを簡素化し、タックルの代わりに腰に付けたフラッグを奪い相手を止める「フラッグフットボール」の体験会が9日、静岡市駿河区の東豊田小で行われた。市内を拠点に活動するチーム「静岡レイダース」が競技の普及に向けて企画し、児童約30人が参加した。
 体験会にはレイダースのメンバーの他、静岡大のアメフット部員5人が講師を務め、ルールや楕円(だえん)形のボールの捕球方法を児童に伝授。攻撃と守備に分かれたゲームでは、ボールを受けた児童が相手をかわしながら、エンドゾーンを目指して疾走した。
 参加した同小4年の児童(9)は「丸いボールと違ってキャッチするのが難しかったが、とても楽しかった」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト