静岡新聞NEWS

神楽に合わせ朗読、中部の伝統芸能奉納 静岡浅間神社

(2019/10/6 09:07)
神楽と朗読を融合して上演された「鬼の舞」=静岡市葵区の静岡浅間神社
神楽と朗読を融合して上演された「鬼の舞」=静岡市葵区の静岡浅間神社

 静岡県中部に伝わる神楽を上演、奉納する「大神楽祭2019」(静岡市主催)が5日、静岡市葵区の静岡浅間神社で行われた。県舞台芸術センター(SPAC)の俳優が出演する神楽も初披露され、観客は地元の伝統芸能を堪能した。
 同市葵区清沢地区で伝承される清沢神楽「鬼の舞」に合わせて、SPAC俳優が朗読を披露した。桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にした情報を駿府に伝えた後、清沢地区に集落を開いた小林作兵衛の物語を紹介。作兵衛と、一報を受けた義元の嫡男氏真とのやりとりを演じ、来場者を楽しませた。
 ほかに井川と梅ケ島新田(ともに静岡市)、梅津と徳山(ともに川根本町)、笹間(島田市)の各地区の神楽保存会が出演した。6日まで、SPACの俳優らが地元の民話をモチーフに演じる舞台作品「オクシズ昔ばなし劇場」も開催する。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト