静岡新聞NEWS

静岡農高「JGAP」取得 食の安全や環境保全認証

(2019/9/20 08:37)
JGAP認証を喜ぶ静岡農業高の生徒ら=静岡市駿河区の国吉田農場
JGAP認証を喜ぶ静岡農業高の生徒ら=静岡市駿河区の国吉田農場

 県立静岡農業高の国吉田農場(静岡市駿河区)が、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる「JGAP」の認証を受けた。生徒や担当教諭は「今までの努力が実った。今後もしっかりと管理したい」と決意を新たにした。
 JGAPは農場の整備や労働の安全管理、食品の扱い方などを評価基準として、日本GAP協会(東京都)が認証する。同農場では8月に生徒も同席する現地審査があり、9月12日に認証された。
 中心的な役割を担った生産流通科の滝口玲奈さん(3年)は「審査項目が多く、作業時の服装や道具の使い方を見直した」と振り返り、桜井微夏さん(同)は「先輩たちの思いが詰まった農場が認証され、大きな達成感がある」と喜んだ。
 同農場は生徒の実習で活用し、147アールの敷地でミカンやウメ計約300本を栽培。収穫した果実は同校の文化祭などで出品している。担当教諭の松村錬一さん(62)は「認証を目指す中で多くのことを学んだ。生徒に良い学びを与え続けられる場所にしていきたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト