静岡新聞NEWS

帯まつりテーマ、さくらめし弁当 島田商議所が開発

(2019/9/11 08:32)
島田大祭・帯まつりをテーマにしたさくらめし弁当の試作品=島田市内
島田大祭・帯まつりをテーマにしたさくらめし弁当の試作品=島田市内

 島田市で家庭の味として親しまれている「さくらめし」をご当地グルメとして発信している島田商工会議所は、10月12~14日に開かれる島田大祭・帯まつりに合わせてさくらめしを使った特製弁当のレシピを開発し、10日に市内で試作品を披露した。地元飲食店が調理し、大祭期間中に限定販売する予定。
 さくらめしは祭りや祝い事に合わせて提供される、酒やしょうゆ入りのご飯。依頼を受けたフードコーディネーターが、まつりの花形「大奴(おおやっこ)」が持つ太刀をゴボウ、丸帯はサクラエビや青のりで彩った錦糸卵で表現し、さくらめしの上に飾るスタイルを提案した。
 神座みかんのジュースで煮たサツマイモ、緑茶やサクラエビで色鮮やかに仕上げたシイタケのしんじょなども添えた。
 商議所の関係者やさくらめしのPRに協力する飲食店経営者が集まり、弁当を試食して材料や販売価格などについて意見交換した。
 商議所は2018年から、さくらめしを茶業関係者での打ち上げ「焙炉(ほいろ)上げ」の習慣と合わせてPR中。担当者は「市外、県外からの観光客に島田の食文化を知ってもらう機会にしたい」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト