静岡新聞NEWS

「なでしこ」高倉監督 静岡でサッカー教室、女子児童に指導

(2019/9/11 08:29)
ミニゲームを見守る高倉麻子監督(奧右)=10日午後、静岡市清水区のJ―STEP体育館
ミニゲームを見守る高倉麻子監督(奧右)=10日午後、静岡市清水区のJ―STEP体育館

 女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の高倉麻子監督(51)らによるサッカー教室(県サッカー協会主催)が10日、静岡市清水区のJ-STEP体育館で開かれた。市内でサッカーに励む女子小学生60人が、プロの指導者から練習の心構えなどを学んだ。
 参加者はドリブルやシュートなどの練習に取り組み、ミニゲームを行った。高倉監督は「勝負にこだわり、どうしたらプレーが良くなるか考える選手が強くなる。みんなも自分の夢に向かって頑張って」とアドバイス。市立清水船越小5年の女子児童(10)は「ミニゲームではプレーを工夫してやれて、楽しかった」と話した。
 教室は10月6日にアイスタ日本平で開かれる女子日本代表の国際親善試合「日本対カナダ」に合わせ、同協会が女子サッカーの普及を目指し展開する「女子サッカーレガシープログラム」の一環。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト