静岡新聞NEWS

静岡県立大のレンガ、チョコに再現 学生ら開発、専門店で販売

(2019/9/6 08:35)
県立大のレンガと芝生園地をモチーフにしたチョコレートを持つ学生=静岡市駿河区高松
県立大のレンガと芝生園地をモチーフにしたチョコレートを持つ学生=静岡市駿河区高松

 静岡県立大食品栄養科学部の学生らでつくるサークル「フードラボ」が5日、同サークルで開発した同大学校舎のレンガと隣接する芝生園地をモチーフにしたオリジナルチョコレートの販売を静岡市駿河区高松のクラフトチョコレート専門店コンチェで開始した。
 同チョコは5月からコンチェと掛川市上内田の佐々木製茶の協力を得て共同開発をした。販売した縦32ミリ、横65ミリ、厚さ5ミリのチョコで一袋2枚入り。カカオ豆を砕いた「カカオニブ」を使用したレンガ型のチョコは、同大校舎の外壁を計測してサイズ比を保ったまま10分の1に縮小した型を3Dプリンターで制作。芝生型のチョコは掛川産の茶葉を使用して芝生を表現した。
 同チョコは2枚入りで税込み400円。数量限定40個。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト