静岡新聞NEWS

事業承継、新たなスタート 藤枝のケーキ店ミラベル

(2019/7/30 08:38)
株式譲渡契約調印式に臨んだ二宮さん(左)と江藤さん=藤枝市の藤枝商工会議所
株式譲渡契約調印式に臨んだ二宮さん(左)と江藤さん=藤枝市の藤枝商工会議所

 藤枝市東町の洋菓子店「ミラベル」の株式譲渡契約調印式が29日、同市の藤枝商工会議所で開かれた。創業者の二宮恒久さん(70)から長年同店に勤める江藤皓史さん(34)に事業が引き継がれ、地元で40年以上親しまれてきたケーキ店が新たなスタートを切った。
 体力的に不安があった二宮さんは製造部の現場責任者を務めていた江藤さんへの引き継ぎを藤枝商工会議所に相談。静岡県事業引き継ぎ支援センターらの協力を得て約3年かけて事業承継を成功させた。二宮さんは勤務時間を短くし、同市駅前に焼き菓子を扱う「ミラベル・ラボ」を開業。江藤さんを側面的に支援する。地元商工会議所のバックアップにより会社を引き継ぎ、譲渡側が引退せずに事業を継続するのは全国的にも珍しいという。
 ミラベルはスポンジの上にチョコレートをコーティングした「ダミエ」やチーズケーキ「半熟べびいチーズ」などが人気で、地元では知られた名店。
 調印式で二宮さんは「同じ場所、同じスタッフで店を継続できることはうれしい。より良い商品とサービスを提供してほしい」と話し、江藤さんは「40年の味やお客様の信頼、父親代わりに見守ってくれた二宮さんの思いを受け継いでいきたい」とあいさつした。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト