静岡新聞NEWS

本山茶、ワサビでチョコレート 味は3種類 静岡・大川特産

(2019/5/17 08:34)
大川地区の本山茶やワサビを使って開発したトリュフチョコレート=静岡市葵区の大川企業組合
大川地区の本山茶やワサビを使って開発したトリュフチョコレート=静岡市葵区の大川企業組合

 静岡市葵区大川地区の住民らでつくる大川企業組合と、チョコレート専門店「コンチェ」(駿河区)はこのほど、地元特産のお茶とワサビを使ったトリュフチョコレートを共同開発した。
 18、19の両日、葵区の青葉シンボルロードで開かれる「しずおか特産品まつり」で販売する。
 味は煎茶、ほうじ茶、ワサビの3種類。静岡茶祖と言われる聖一国師が生まれた同地区で摘採した本山茶と、ワサビを粉状にして練り込み、素材の味や香りを引き出した。
 小林信隆代表理事(65)は「チョコレートを通じて大川のお茶やワサビの魅力を知ってほしい」と語った。
 3粒入り1300円(税込み)。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト