静岡新聞NEWS

帯シャツ着用、市職員がPR 3年に1度「島田大祭・帯まつり」

(2019/4/27 08:18)
「島田帯シャツ」を着用して島田大祭をPRする職員=島田市役所
「島田帯シャツ」を着用して島田大祭をPRする職員=島田市役所

 ことし10月に開かれる3年に1度の「島田大祭・帯まつり」を盛り上げようと、島田市の職員が26日、クールビズ開始の5月1日より一足早くご当地シャツ「島田帯シャツ」の着用を開始した。10月まで全庁での着用を呼び掛け、まつりや市のPRに活用する。
 島田帯シャツは島田宿に泊まった旅人が帯や着物を質に入れたという歴史や伝統の島田大祭にちなみ、襟や胸ポケットなどにアクセントとして西陣織の帯を使用した浴衣地のシャツ。「大祭の歴史を『令和』の次代に継承するという思いを込めた」(商工課)と、大型連休前の着用を決めた。
 この日は同課や観光課の職員が色とりどりの帯シャツを着用したほか、定例記者会見でも染谷絹代市長や幹部職員が着用した。
 商工課の松浦静香主事は「さらっと着心地がいい。浴衣地と帯を自由に組み合わせてオリジナルを作れるのも魅力」と話した。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト