静岡新聞NEWS

今川義元公生誕500年祭PR 静鉄がラッピング電車

(2019/4/9 08:37)
ラッピング電車の運行を祝った式典=静岡市葵区の新静岡駅
ラッピング電車の運行を祝った式典=静岡市葵区の新静岡駅

 今川義元公生誕500年祭推進委員会は9日から、500年祭の一連行事をPRする装飾を施した「ラッピングトレイン」を静岡鉄道で走らせる。運行開始を前に8日、静岡市葵区の新静岡駅で出発式を開いた。桶狭間の戦いで敗れた義元への否定的な一般イメージを払拭(ふっしょく)し、領国経営などに手腕を発揮した業績を市民にPRする狙い。
 2両編成の電車1台の扉や車体に、今川家の家紋「二引両(ふたつひきりょう)」や戦時の旗印「赤鳥紋」をデザインした。義元がモデルのご当地キャラクター「今川さん」のイラストも描かれている。新静岡-新清水間を12月7日まで、1日平均約10往復する。
 式典には関係者や駅利用者ら約100人が集まり、今川さんを乗せた回送電車が新静岡駅を出発した。推進委の小和田哲男委員長は「義元の復権を長年訴えてきた中、ラッピングトレインの運行は感無量」とし、市民の間で義元の話題が語られる機会の創出に期待を寄せた。
 500年祭では、5月に駿府城公園で開かれる「今川復権まつり」などの開催が予定されている。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト