静岡新聞NEWS

障害者と健常者交流へ 焼津の奉仕団体、福祉イベント初企画

(2019/4/4 08:10)
イベントの準備を進める「チームももいろ」のメンバー=焼津市
イベントの準備を進める「チームももいろ」のメンバー=焼津市

 焼津市のボランティア団体「チームももいろ」は、障害者と健常者が交流するイベント「ももいろフェスティバル」を5月26日午前11時~午後3時、同市石津の石津西公園で初開催する。福祉施設製品を販売するほか、多くの障害者や市民に来場を呼び掛け、お互いの交流の場を提供する。
 複数の障害者就労支援施設が出店し、利用者が作るパンやクッキーを販売する。市内の飲食店もブースを並べる予定。福祉施設製品を販売する団体は出店無料とし、参加者を募っている。
 ステージイベントも開催する。これまでに市内のフラダンスチームや志太消防本部の防火啓発ショーなどの出演が決まっている。障害者福祉施設にも参加を呼び掛けている。
 チームももいろは会員15人。普段はこども食堂を運営したり、海岸清掃に汗を流したりしている。市が進めるバリアフリーの取り組みに合わせ、市民レベルでもできることをやろうと企画した。中岡貴斗代表(39)は「障害者が気軽に町に出るきっかけをつくれれば」と準備を進める。
 同団体は30日までステージ出演者、出店者、運営ボランティアを募集している。問い合わせは同団体事務局<電080(4295)6200>へ。

中部トピックスの記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
静岡新聞データベース

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト