蔡英文総統、2・28事件を追悼 民主主義と自由「台湾発展の鍵」

 【台北共同】台湾で1947年に当時の国民党政権が台湾人の抵抗運動を弾圧し住民を殺傷した「2・28事件」から74年の28日、南部・高雄市で犠牲者追悼式典が開催され、蔡英文総統は「民主主義と自由は台湾の持続的発展を可能にする鍵だ」と述べた。共産党の一党独裁下で人権侵害が深刻な中国との違いを強調した形だ。

2月28日、台湾・高雄で開かれた「2・28事件」犠牲者追悼式典であいさつする蔡英文総統(総統府提供・共同)
2月28日、台湾・高雄で開かれた「2・28事件」犠牲者追悼式典であいさつする蔡英文総統(総統府提供・共同)

 蔡氏は、事件やその後の国民党独裁体制の下で多くの犠牲者が出たほか、事件について語ることも禁じられてきたと指摘。「権威主義下のシステムがいかに人権を侵害したかを理解する必要がある」と述べ、事件に向き合うことで民主主義と自由を断固守っていくと表明した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0