ボーイング777が緊急着陸 モスクワ、負傷者なし

 【ウラジオストク共同】インタファクス通信などによると、香港からスペイン・マドリードに向かっていたボーイング777型旅客機が26日、モスクワ郊外のシェレメチェボ空港に緊急着陸した。けが人はいないという。
 同通信によると左翼のエンジン制御に問題があるとして同機が緊急着陸を要請した。航空会社は不明。
 ボーイング777を巡っては、米ユナイテッド航空のボーイング777―200型旅客機が20日、米西部上空を飛行中にエンジントラブルを起こし、住宅地に部品が落下。米運輸安全委員会は22日、エンジンの部品が金属疲労により破損した可能性があるとの見方を明らかにした。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0