米国務長官「バーチャル外遊」へ 隣国要人とオンライン会談

 【ワシントン共同】米国務省は25日、ブリンケン国務長官が26日にメキシコ、カナダに「バーチャル外遊」し、両国要人らと相次いで会談すると発表した。新型コロナウイルスの世界的流行で外遊が難しい中、同省はブリンケン氏による「初外遊」と位置付けている。
 バイデン大統領が23日に開催したカナダのトルドー首相と行ったオンライン形式での首脳会談に続く試み。ウイルス流行に配慮しながらも、同盟・友好国要人らとの会談を重ね、関係再構築を図る方針だ。
 ブリンケン氏はオンラインで、メキシコとの国境検問所の職員らから状況を聞くなどして「視察」後にエブラルド外相らと会談した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0