静岡新聞NEWS

エルサレムで犠牲者追悼 ユダヤ人収容所解放75年

(2020/1/23 23:19)
23日、エルサレムで開かれたアウシュビッツ強制収容所の犠牲者を追悼する式典に出席したイスラエルのリブリン大統領(前列左から2人目)ら(AP=共同)
23日、エルサレムで開かれたアウシュビッツ強制収容所の犠牲者を追悼する式典に出席したイスラエルのリブリン大統領(前列左から2人目)ら(AP=共同)

 【エルサレム共同】第2次大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を象徴するアウシュビッツ強制収容所の解放から75年を前に、エルサレムで23日、犠牲者を追悼する式典が開かれた。主催者側によると、40カ国以上の首脳らが出席。生存者と共に悲劇を二度と繰り返さないことを誓った。
 「ホロコーストを忘れず、反ユダヤ主義と闘う」と題された式典はホロコースト記念館「ヤド・バシェム」で行われ、ロシアのプーチン大統領やフランスのマクロン大統領、ペンス米副大統領、チャールズ英皇太子らが出席した。

国際の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿