緊急事態解除地域への移動 静岡県、回避求める【新型コロナ】

 静岡県は1日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の6府県について、県からの移動は引き続き「回避」を求めると発表した。

 6府県がそれぞれ、住民に不要不急の移動自粛を要請しているため。緊急事態宣言が継続している埼玉、千葉、東京、神奈川の4都県と、独自の宣言が出ている三重県への移動「回避」も求めた。
 県独自の6段階の警戒レベルは上から3番目の「4(県内警戒、県外警戒)」。県の流行フェーズ(局面)は「感染まん延期・前期」を維持した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0