静岡新聞NEWS

マスク着用、家庭でも徹底を 静岡県専門家会議【新型コロナ】

(2021/1/21 09:44)
静岡県庁
静岡県庁

 静岡県感染症対策専門家会議は20日夜、オンライン会合を開き、東部保健所管内で県内3人の感染が確認された変異型新型コロナウイルスへの対応について意見を交わした。変異種の感染者が飛沫(ひまつ)として出すウイルスの量が多いとのデータを念頭に、専門家は「家庭内でもしゃべる際にはマスクの着用を」と強く求めた。
 関連記事▶英変異種3人 居住は東部保健所管内
 会議は非公開。県によると、変異種は若年層の感染が多く見られるとして、若者を対象に感染防止対策の徹底を呼び掛ける必要性を確認した。布製やウレタン製でなく不織布マスクを推奨する意見もあった。本県だけでなく感染が急拡大している地域では、全国的に一定数の変異種が存在しているとの見方も共有した。
 変異種の状況の監視については今後、県が国に提出する検体の調査の結果を踏まえ、専門家会議が分析・評価する。変異種の感染が判明した地域名の公表については「東、中、西部あるいは保健所単位で公表すべき」との意見が大勢を占めた。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿