静岡新聞NEWS

変異種確認の静岡県東部 市町「基本対策継続を」【新型コロナ】

(2021/1/20 12:50)
市役所の入口に設置されたサーモグラフィーで検温する来庁者。静岡県東部保健所管内では警戒感が高まっている=20日午前10時ごろ、沼津市
市役所の入口に設置されたサーモグラフィーで検温する来庁者。静岡県東部保健所管内では警戒感が高まっている=20日午前10時ごろ、沼津市

 英国で流行している変異型の新型コロナウイルス感染者が静岡県東部保健所管内で確認されたとみられることを受け、静岡県東部の各市町は20日、感染力が強いとされる変異種の感染拡大防止へ警戒感を強めた。住民に対して基本的な感染防止対策の徹底を求めているほか、誹謗(ひぼう)中傷が起こらないよう市長メッセージを発する自治体もある。
 関連記事▶静岡県内の英変異種3人 居住は東部保健所管内
 各市町は不要不急の外出自粛や3密の回避、新しい生活様式の実践など、これまでも市民に求めてきた感染防止対策を継続して呼び掛ける。「一人一人が対策を徹底するというスタンスは変わらない」と沼津市の担当者。裾野市の山本泰男危機管理調整監は「情報収集に努め、市内に及ぼす影響を見極めたい」と話した。
 長泉町は町内の感染者数が11~17日の一週間で12人に上り、拡大傾向にあるため危機感が高まっている。19日に県が独自の感染拡大緊急警報を発令したことを受け、県に具体的な対応を問い合わせた。必要に応じて警戒を強める方針という。
 19日に市内初のクラスターが学生寮で認定された三島市では、新型コロナ変異種の感染者について、居住地を尋ねる問い合わせがメールや電話で寄せられたという。豊岡武士市長は20日中に動画で市民向けのメッセージを発信する予定で、「感染対策に加え、誹謗(ひぼう)中傷や差別がないよう呼び掛けたい」と話した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿