静岡新聞NEWS

静岡病院職員、感染公表せず 医療維持へ市了承【新型コロナ】

(2021/1/19 06:46)
静岡市役所
静岡市役所

 静岡市は18日、10日以降に発表した新型コロナウイルス感染者の中に市立静岡病院の職員が含まれていたことを明らかにした。市は同病院の職員の感染が判明した場合、市職員に準じた形で詳細を公表してきた。市民や患者に不安を与えることなどによる医療体制継続への支障を懸念する病院側の意向を尊重し、市が非公表とすることを今月中旬に了承していた。
 関係者によると、感染したのは少なくとも医師2人とみられる。同病院や市関係者によると、いずれも1週間ほど前に陽性が判明した。院内に濃厚接触者はいなかった。念のため、関係する部署の職員と患者のPCR検査を行い、全員の陰性を確認したという。
 同病院ではこれまでに職員5人の感染が発表された。しかし、公表による患者や職員、その家族への差別や中傷が報告されていることなどから、昨年11月ごろから公表基準の変更を市に要望していた。同病院は今後、クラスター(感染者集団)の発生時以外は病院名を公表しないという。
 同病院は職員に感染者が発生した場合、職員間で情報を共有し、検査が必要な患者への説明は行っていくとしている。小野寺知哉院長は「患者が動揺することなく、医療者が治療に専念できるようにする」と述べた。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿