静岡県内31人感染、病院クラスター関連相次ぐ【新型コロナ】

 静岡県内で26日、新たに31人の新型コロナウイルス感染が確認された。このうち21人が富士市立中央病院など各地の病院で発生したクラスター(感染者集団)に関連する陽性者。県内の累計感染者数は2544人(再陽性者を含め2545人)になった。

静岡県内の新型コロナウイルス感染者(26日現在)
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(26日現在)

 ▶感染者数市町別内訳・マップ
 県によると、富士市立中央病院のクラスターの新規感染者は同市の10人と静岡市の1人。院内感染は計61人に拡大した。牧之原市の榛原総合病院のクラスター関連でも、新たに吉田町の高齢でない成人の陽性が判明した。
 静岡市は10人の感染を公表した。うち9人は駿河区の静岡徳洲会病院で発生したクラスターの感染者で、累計では計71人となった。25日に職員1人の感染が確認されて市民の立ち入りを一部制限した駿河区役所は、PCR検査を受けた職員全員の陰性が確認されたため28日に通常業務を再開する。
 このほかの新たな感染者は浜松市4人、富士、沼津、藤枝、焼津、磐田各市でそれぞれ1人。県内の新型コロナ患者向け病床の使用率は43・3%になった。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0