徳洲会病院でクラスター 静岡県内45人感染【新型コロナ】

 静岡県内で10日、45人の新型コロナウイルス感染が確認された。静岡市駿河区の静岡徳洲会病院で新たに15人のクラスター(感染者集団)が発生した。県によると県内の重症者は16人。重症者用病床の使用率は47・1%で過去最高を更新した。

静岡県内の新型コロナウイルス感染者(10日現在)
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(10日現在)
クラスターについて説明する山之上弘樹院長(右)=10日午後、静岡市役所静岡庁舎
クラスターについて説明する山之上弘樹院長(右)=10日午後、静岡市役所静岡庁舎
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(10日現在)
クラスターについて説明する山之上弘樹院長(右)=10日午後、静岡市役所静岡庁舎

 ▶感染者数市町別内訳・マップ 静岡県内
 病院によると、感染者は入院患者10人、看護師3人、看護助手1人、事務員1人。8日に体調不良を訴えた看護師1人がPCR検査で陽性と判明した。この看護師が担当するフロアとコロナ患者が入院するフロアなどの患者と職員を検査し、14人の感染を確認した。
 職員5人のうち看護師1人はコロナ患者が入院するフロアを、看護師2人と看護助手は別のフロアを担当。事務員はさらに別のフロアの勤務だった。
 感染した患者は全員が看護師2人と看護助手が担当するフロアに入院していた。山之上弘樹院長は感染源は不明とし「院内伝播(でんぱ)の可能性を否定できない」と述べた。
 病院は全入院患者と職員のPCR検査をした。感染状況が把握できるまで一般外来や新規入院、救急車の受け入れなどを中止する。
 静岡市では同日、同病院の15人を含め26人の感染を確認した。また、駿河区の静岡済生会総合病院は11月26日以降に新たな陽性確認がないとし「クラスター終息」を宣言した。
 富士市では4日公表されたスナックのクラスター関係1人を含む4人の陽性が確認され、このクラスターの感染者は計7人になった。このほかは浜松市7人、伊東市2人、富士宮、焼津、島田、藤枝、磐田市と県外で各1人。県内の累計感染者数は2084人(再陽性者を含め2085人)。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0