静岡新聞NEWS

コロナ感染状況、静岡県内ステージ「2」 早期引き上げも視野

(2020/12/1 08:41)
静岡県庁
静岡県庁

 静岡県感染症対策専門家会議は30日夜、オンライン会合を開き、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が示す感染状況のステージについて、県内は上から3番目の「2」が妥当とする評価でまとまった。ただ、「切迫した状況」だとして、感染拡大に歯止めがかからなければ早期の引き上げも視野に入れる。
 会議は非公開で行われた。静岡県によると、ステージで上から2番目の「3(感染急増)」を判断する指標のうち、病床使用率は約56%に達するなど静岡県は既に2項目が基準を上回っている。委員からは「ぎりぎり2にとどまっている状況」との意見が相次ぎ、病床使用率のさらなる上昇や陽性率、全療養者数の推移を注視することで一致した。病床を適切に維持する方策では、各病院の受け入れを軽症から重症までの症状別に分化する。完治した高齢者らをリハビリのために速やかに後方支援病院に移す方針も明確にした。
 議論の内容は新型コロナ医療専門家会議に提言する。
 

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿