静岡新聞NEWS

静岡県内死者数増加 医療、行政「予断許さず」【新型コロナ】

(2020/11/28 06:07)
静岡県内のコロナ死者数
静岡県内のコロナ死者数

 静岡県内で27日、新型コロナウイルス感染者の死亡が計3人確認された。県内の1日の死者数としては過去最多。感染流行の「第1波」で1人、「第2波」で1人だった県内の死者は、「第3波」が到来した11月に入って8人と急増している。医療、行政関係者は「今後も予断を許さない」と危機感を強めている。
 ▶感染者数市町別内訳・マップ 静岡県内
 「感染の規模が大きくなると、重症者や死者も増える」。県疾病対策課の後藤幹生課長は27日県庁で開かれた記者会見で、県内で死者が増加している現状への認識をこう示した。県内は10月下旬以降、接待やカラオケを伴う飲食店、病院などでクラスター(感染者集団)の発生が相次ぎ、感染者数は同日まで3日連続で50人を上回っている。
 11月に入り、浜松市が5人、静岡市が3人の死亡を発表した。浜松市の死者のうち80代女性が2人、高齢男性が1人。他の2人は非公表。静岡市の死者1人はクラスターが発生した静岡済生会総合病院の一般病床の高齢者で、元の疾患が重症だった。このほかの2人の年齢などは公表されていない。
 浜松市によると、今秋以降、市内で高齢者の陽性判明が増えているという。同市の担当者は「一般論だが、基礎疾患を持つ人、高齢で体力のない人は重篤化のリスクが高まる恐れがある」として今後の推移を懸念する。静岡市の担当者は「リスクのある人は素早く入院、治療につなげたい」と強調する。
 「第3波」に入り、死者は全国で増加傾向にある。浜松医科大の尾島俊之教授(公衆衛生学)は「高齢者も含め、感染者の年齢層が幅広くなっている。心配な状況」と指摘した上で、「感染の危険性が高いのは、他の人と食事をする場面。ウイルスを含んだつばが食べ物や飲み物にかかって感染することも多いと思われるので、注意してほしい」と対策を呼び掛けた。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿