静岡新聞NEWS

最も深刻「まん延期」に 静岡県、コロナ流行局面引き上げ

(2020/11/19 08:40)
静岡県の感染流行期の区分(★は現在のフェーズ)
静岡県の感染流行期の区分(★は現在のフェーズ)
「最大の危機的局面」として県民に感染症対策の徹底を呼び掛けた川勝平太知事(右から2人目)=18日午後、県庁
「最大の危機的局面」として県民に感染症対策の徹底を呼び掛けた川勝平太知事(右から2人目)=18日午後、県庁

 川勝平太知事は18日の定例記者会見で、県内で新型コロナウイルスの感染状況が急激に悪化している事態を踏まえ、流行フェーズ(局面)を最も深刻な「まん延期」に引き上げると表明した。まん延期への引き上げは初めて。「第3波の渦中にある。危機的局面だ」と警戒を呼び掛けた。
 県は引き上げに合わせ、まん延期を「前・中・後期」の3段階に分けるとし、現状を「まん延期前期」に位置付けた。感染症対策専門家会議の意見を会見前に緊急に聴取し、引き上げの考えでまとまった。県独自の警戒レベルは4を維持した。
 県は東部保健所などに導入した抗原定量検査機器を活用し、感染が広がった地域や施設で集中的に検査して感染拡大を封じ込める方針。入院病床と宿泊療養施設の確保も急ぐ。
 知事は県民に対し、マスク着用やこまめな手洗い、適切な換気などの再徹底を求めた。年末年始に向けては休暇や帰省、旅行の分散を、飲食を伴う懇親会は4人以下での実施を要請。飲食店などへの休業要請は「非現実的」と否定した。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿