静岡新聞NEWS

順天堂大静岡病院で医師クラスター 6人感染【新型コロナ】

(2020/10/30 06:31)
静岡県内確認分の感染者数(29日現在)
静岡県内確認分の感染者数(29日現在)

 伊豆の国市の順天堂大静岡病院は29日、勤務する医師6人が新型コロナウイルスに感染したと公表し、静岡県は同病院でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。さらにクラスター対象者と接触があった別の病院に勤務する医療関係者1人の感染も確認された。静岡県内でのクラスター発生の確認は13例目で、医療機関での発生は初めて。
 関連記事▶対策徹底、医師がなぜ…
 同病院によると、感染が確認されたのは医師4人と臨床研修医2人。県によると、それぞれ院内外で、飲食を伴う場で接触があったという。同病院に勤務する医療従事者など濃厚接触者を調査中だが、6人と接触した患者に該当者はいないとみている。
 県内で同日新たに感染が確認されたのは計16人。伊豆の国市のクラスター関連の7人以外は、浜松市4人、富士市2人、袋井、磐田、掛川の各市で各1人。
 浜松市の4人のうち、クラスター発生が確認された浜松商工会議所青年部関連の2人は同市在住。1人は青年部の会員、もう1人は感染者と接触のあった家族・親族だった。このクラスター関連の感染者は計20人となった。
 県警によると、磐田市の30代男性と掛川市の40代女性は磐田署の署員で、警備課と刑事課でそれぞれ勤務している。28日に感染が発表された男性署員の濃厚接触者としてPCR検査を受けていた。
 県内の累計感染者は計635人(再陽性者を含めて636人)。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿