静岡新聞NEWS

静岡市内で初のクラスター 浜松のジム、市内3例目認定

(2020/8/13 07:49)
静岡県内のクラスター関連感染者(12日現在)
静岡県内のクラスター関連感染者(12日現在)

 静岡、浜松両市は12日、新型コロナウイルス感染者を計10人確認したと発表した。静岡市は合わせて、感染者4人が出ていた飲食店で5人目の感染者が判明したとして、この店を同市初のクラスター(感染者集団)に認定した。
 ▶感染者数市町別内訳・マップ

 2次感染も含め同店関連は計8人となった。浜松市は市内の感染者1人が同市東区のスポーツジム「ゼクシス浜松」を利用していたと発表。この施設での感染者も5人目となり、浜松市内3例目のクラスターに認定した。
 これらにより静岡県内のクラスターは7例になった。うち6例は店名や施設名が公表されているが、静岡市はクラスターが発生した飲食店の店名や業態を非公表とした。客や従業員への聞き取りで濃厚接触者の特定と検査が終了。感染拡大の恐れがないことや、店側の同意がないためと説明している。
 同店関連では、4日に同店勤務の50代女性の感染が公表され、濃厚接触者とされた客と従業員6人のうち、市外在住者を含む3人の感染が確認された。11日に感染を公表した同市の50代男性会社員は7月31日に同店を訪れていた。男性は1度目の検査で陰性だったが、10日の検査で陽性になった。
 浜松市の感染者の男性会社員は1日、ゼクシス浜松関連で最初に感染が確認された50代女性会社員と同じ講座を受講していた。
 同市がほかに感染を確認した東区の20代女性会社員と同市中区の60代男性会社員、50代女性会社員は既に判明している感染者の濃厚接触者。東区の40代女性会社員は発症前14日以内に市外での行動歴があるが、感染経路は特定できていない。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿