静岡新聞NEWS

クラスター関連はゼロ 浜松市の感染確認2人【新型コロナ】

(2020/8/3 21:00)

 浜松市は3日、新たに新型コロナウイルスの感染確認を発表した2人が、クラスター(感染者集団)が発生した中区のラウンジ「ブリリア」とマジックバー「手品家浜松店」との関連はなかったと明らかにした。両店に関連した感染者が確認されなかったのは、7月22日に1人目の感染確認を発表して以降初めて。
 市によると、両店の従業員や客など店に直接関係する人とその同居者、知人・友人に対するPCR検査はほぼ完了し、現在は3次感染した人の濃厚接触者らの検査が中心になっているという。
 3日に感染が確認された2人は、いずれも同市在住。西区の40代男性会社員は既に感染が確認された人の会社の同僚。南区の20歳未満の男性は既に感染確認された人の同居者という。
 静岡市は同日、新型コロナウイルスへの感染を1日に発表した4人の行動履歴などの詳細を発表した。
 いずれも同市の50代女性会社員、20代会社員男性、高齢でない無職の成人女性、40代会社員女性。このうち、50代女性と40代女性は県外からの帰省者と接触があった。20代男性は、7月31日に感染を発表した40代会社員男性と共に県外出張をしていた。
 高齢でない成人女性は市内外で複数の知人と過ごし、後に知人の感染が判明したという。市は県内で発生しているクラスターとの関連の有無については明らかにしなかった。
 県内の感染者は308人(再陽性者含め延べ309人)になった。

静岡医療・健康・福祉の記事一覧

ニュースアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

SBSテレビチャンネル

YouTube
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿